MOP横浜ベイサイド|入場・入館制限中のルート考察

4.5
ショッピング
ショッピング レジャー 子育て
この記事は約7分で読めます。
\ スポンサーリンク /

6/4(金)にグランドオープンした三井アウトレットパーク(MOP)横浜ベイサイドですが、平日でもかなりの人混みの様子。

週末は一体どうなってしまうのか…と心配になり、入館制限(入場口・人数制限)されている状況だけど、効率よく予定を済ますことが出来たら、多少でも混雑が緩和して回転率が上がってみんなハッピーなんじゃないか?と思い、プレオープン初日にさっと行った記憶を頼りに、大まかな移動ルートをまとめてみました。

プレオープン初日の入館制限の様子については、以下の記事をご参考にしてください。 Webサイトを見る限り、基本的にルート制限の仕方は変わっていないはずです。

\ スポンサーリンク /

入場口へのアクセス 

入場口は各ブロックに用意されています。アクセス方法は駅から徒歩の場合か、車で来場する場合の2つが主だと思います。

mitsui-shopping-park.com

鳥浜駅から徒歩

入場口①が一番近いです。近くにマックやコンビニがあるので、待ち時間の物資補給には便利です。(いたるところに自販機があるので、他の場所でも心配はないと思います)

mitsuifudosan.co.jp

SNSの情報を見ると、待機列はAブロック建物南側に沿ってぐるっと伸びるようなので、なかなか日差しを受ける方角です。熱中症などに注意です。

車での来場

入場口②が一番近いです。車で来場する人が多いようなので、他より混雑していない期待は出来なさそうです。また、ユニクロパークと隣接しているので、そちらの利用者と被って、より人混みになるかもしれません。

入場口②の前の広場

この前は広い広場になっており、舟だまりのような感じになっているので、待ち時間にお子さんが遊ぶにはちょうどいいかもしれません。マリーナにも面しているので、船を眺めるのも楽しいです。ただ、南東向きで日差しを遮るものがあまりないので、熱中症などに注意です。

混雑を避けられるか?

駅・駐車場から最も離れたところに位置する入場口③は、他より混雑していない可能性はあるかもしれません。横浜ベイサイドマリーナの敷地道路・通路で繋がっているので、徒歩で行けます。ただ、みんな同じことを考えると集中するので、あくまでみんなで協力して分散させるという考えが良いのでは。

SNSの情報ではスタッフから入場口③に誘導されたという投稿もありました。

入場口③の前の広場

あと待ち時間にマリーナの景色を一望できるいいスポットです。ただ、入場口②と同様に南東向きで日差しを遮るものがあまりないので、熱中症などに注意です。

周辺道路の渋滞を避けるには

車での来場に関して混雑を避ける方法があるかというと、周辺道路はあまりキャパがあるとは言えないですし、実際の渋滞状況を見ていないので、おすすめルートは今のところ何ともいえません。

ただ、渋滞のボトルネックポイントを見つけましたので、以下の記事をご参考にしてください。

一方で、今回Webサイトを見直したら、「分散来館のお願い」が出ていました。これは「公共交通機関の利用にご協力ください」ということですね。

mitsui-shopping-park.com

このリンク先に混雑が予想される時間帯が書かれているので引用しておきますが、車で行かざるを得ない方は、この時間帯を避けるのも一つだと思います。

公共交通機関ご利用のお願い

三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドの周辺道路及び駐車場で大変な混雑が予想されます。
駐車場はスペースが限られているため、特に12:00以降につきましては入庫・出庫に非常にお時間がかかります。
お車でのご来館はお控えいただき、公共交通機関をご利用いただきますようお願い申し上げます。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

■シーサイドライン「鳥浜駅」より徒歩5分
シーサイドラインでは土休日に限り列車本数を増発し、特別ダイヤで運行しています。
https://www.seasideline.co.jp/topics/20052618533111.html

■「新杉田駅」からの路線バスも便利です(休日のみ直通便がございます)
三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドの施設目の前に停留いたします。
横浜交通開発WEBページをご確認ください。
http://www.yokohama-td.co.jp/bus

【入庫にお時間がかかると想定される時間帯】
12:00~17:00

【出庫にお時間がかかると想定される時間帯】
13:00~19:00

アクセスについて詳しくはこちら
https://mitsui-shopping-park.com/mop/yokohama/access/

\ スポンサーリンク /

ブロック間の移動

一度館内に入ると、出入りするには入館の際に受け取る再入場券の提示が必要なはずです。

プレオープン初日の再入場券

入館制限中は待機列の案内などでスタッフさんが忙しいかもしれず、また再入場の際に再度待機列に入らなければならないかもしれないので、基本的に皆さんは館内でブロック間を移動されたいと思います。

その場合の大まかなルートはこんな感じです。

mitsui-shopping-park.com

Aブロック⇔Cブロック

お買い物と飲食のために一番使うルートだと思います。2Fで連絡通路が繋がっていますので、ひとまず2Fに行くと考えれば、あとは回っているうちに見つかると思います。

AブロックーCブロック連絡通路

あと、もしAブロックの1Fの館内やセントラルコート(中庭)にいる場合は、セントラルコート中央のエスカレータを上がれば目の前がこの連絡通路ですので、わかりやすく、多少のショートカットと外の空気が吸えます。

セントラルコートからA-Cブロック連絡通路へのルート

Aブロック⇔Bブロック

次に頻度が多いと思われるのがこの移動ですが、特にショートカットはなく、 むしろゲートがあるはずなので、 再入場手続きが面倒だと思います。

A-Bブロック連絡通路

ということで、Bブロックは店舗数が少ないので、最後に立ち寄るのがいいと思います。 

Bブロック⇔Cブロック

このパターンはあまりないと思うんですが、館内から出ないようにするにはAブロックを通る他ないと思います。

最後にBブロックでお買い物をするプランを組む場合には、Cブロックから一度出てしまって館外を回っていく、というのもアリだと思います。

\ スポンサーリンク /

ブロック内の移動

基本的には3密も回避できてスムースなエスカレーター階段をおすすめします。

それらの位置は行きたい店舗トイレの位置と併せて、フロアガイドで事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

なお、紙のフロアガイドは一時的に設置されていませんので、ご自身でプリントアウトするか、スマホで見る必要があります。

フロアガイドの案内

こちらの記事にもまとめてありますので、ご参考にしてください。 

プレオープン初日もそうでしたが、SNSの情報ではスポーツ用品店は人気で入店制限していることが多いようなので、ピークタイムを避けて予定を組むのがいいと思います。

\ スポンサーリンク /

まとめ

以上、何か感染症対策やストレス軽減として協力できることはないかなと思って、とりあえず思いついた入館制限中の移動ルートについてまとめてみました。

入店制限がかかってしまうと計画通りには進まないかもしれませんが、計画しないことには始まりませんので、少しでもストレスを減らして過ごせるように、事前にルートを考えてみてはいかがでしょうか。

きっと、一人ひとりのその行動が感染症対策にもなると思います。

早く心置きなく自由にお買い物や食事を楽しめるようになったらいいですね。

そのためには一人ひとりの協力が不可欠だと思いますので、私も微力ながら考えていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうごさいました♪

良かったらTwitterいいね♡コメントをお願いします!

(ブログ始めたばかりなので励みになります)

コメント

タイトルとURLをコピーしました